2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

2007/11/23第4回スタンオフ会

  • 101mikuimg_1865
    2007年11月23日 滋賀県比良「R-cafe」において第4回スタンダードダックスオフ会開催 戴いた写真や掲示板に投稿してもらった写真もあります。 何も書いていない写真はご自由にお持ち帰りください。 お名前が書いてある写真は撮影者の方にご了承を戴いてください。

2008/12/06第5回スタンダードダックスオフ会

  • 34dsb_3525
    第5回スタンダードダックスオフ会です。 今回は静岡ASAGIRI Field Dogs Gardenで行われました。 今回はスタンダードダックスが31匹、ミニチュア2匹他犬種2匹の参加でした。

「な」家の犬たち

権三郎・肛門嚢炎

ボクひどり・・♪

今日、仕事、ジイジイの病院、夜は他の美容室の方々月一回例会、その合間にゴンジャブを病院へ連れていった。

薬を飲みはじめてすぐに効果が出、クチャイ匂いのもれはなくなりました。
直接薬を注入する必要はないと診断され、でも菌を培養して有効な薬がなく、その中でも少し効力のある薬に変更して薬を処方していただいた。

元気です!

今回は一人だけ。こんなことはめったにありません。
「ボクひどり?うれじいね。でもこわいね。」といいつつ看護スタッフにねだってバックヤードに消えていきました。皆様に可愛がってもらってゴンジャブご機嫌!

肛門嚢炎

今日も朝から獣医さんへ
はじめY先生
権三郎から診察
先日から肛門の周りがかぶれているので気になっていた。
肛門線を絞るのをやれない私は、毎日お湯で洗ってやっていた。
Y先生が肛門線を絞ると鮮血が出てきた。
肛門嚢炎の疑い。
あと肛門周囲線腫も可能性が・・・。
しばらく投薬と通院。

次は桃
結局今回は桃が一番それなりに安定。
シロップのお薬をひとつ減らし、ステロイドの薬の間隔を1日多くなった。

そして銀次郎というときに院長先生が入って来られた。
先日何回も検査のやり直しがあったが
それは結局銀次郎の特異体質ということになった。

最近病院でも内分泌(ホルモン)検査のできる機械を導入した。
そのT4という甲状腺の検査結果が通常の20倍の値が出てきた。
20倍というと甲状腺機能亢進症ばかりか、ありえない数字。
でも臨床診断では甲状腺機能低下症。
おかしいと思って再度検査をしたが、同じ結果に。
念のためセンターに検査を出しながら
機械のメーカーを呼んで、デモ機を並べて測っても同じ結果に。
しかしセンターに出した結果は間逆の甲状腺機能低下症の結果に。

結局センターはウェット方式、院内はドライ方式という計測方式のちがいがある。
検査は特殊な酵素を測って数値をだすらしいのだが、どうやら銀次郎はその酵素と同じようなタイプの酵素を特別に持っていて、それを勘違いして機械が結果をだしているだろうということに。

よくわからないのでが
特殊なケースなのでメーカーもデーターがほしいって・・・。
院長先生の感想ですが、どうやらダックスは結果が高いほうに出るみたい。
あれから何件も検査して結果をみているが、ダックスは他の犬種に比べ結果が高くでているそうです。
ダックスを飼っておられるオーナーの方、病院の検査だけを過信しないで、経験のある獣医さんの臨床診断は必要ですよ。

あと心臓。いつものように徐脈。心電図をとっても普通の3倍くらい遅い。
これが甲状腺から来ているのかまだ判断がつかない。
経過観察中。

診察室に入ったのが10時前。出てきたのはもうすぐ12時。